ノンフィクション

私は嘘でも病気でもなく、普通にテレパスです。テレパシー能力を持つ人間です。たまーに誰かに無作為で飛びます。私の声には感情などが宿されており、恐らく鬱の感情なども入っているのだろうと思います。そう考えると私がうつ病にかかってからの1,2年で凄まじくSSRIが広がった理由が納得いきます。それは私の声で無意識的に鬱をうつすということです。同時に私は他人の精神病もうつります。覚醒状態の時なんて物凄くうつります。痛みなんかも共感します。テレパシーとうものは相互作用なんです。ただ私が送発信が大きいだけで、私が筋肉に力を入れた部分に相手もそこに力が入ります。(ただし覚醒状態)相対性なんですよ。私のこんな話なんてただの統合失調症だと思うかもしれませんが、信じるか信じないかはあなた次第です。

ウソかホントかわからない やりすぎ都市伝説 上巻 [ 今田耕司 ]
価格:4,180円(税込、送料無料) (2023/12/25時点) 楽天で購入

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です