常に最近金のことを考える。しかしお金を大事に使っているわけでもない。それでも欲しいという業突張りだ。正に金の亡者。金に操られ、金に翻弄され、金のために死んでいく。そんな人生なんだろう。悲しいな、それは。しかし、68にもなる母がお金のために働いている姿をみると私自身が情けなくなる。しかし母は言う「あんたがもしまともに働いてたら私はこの家を出て一人で生きてたわ。」と。確かにそうだろう。母のよき理解者は私ぐらいなものだ。私がいなかったら一家離散していただろう。でもその年まで働かせてる私はもう情けなくてたまらない。この先人生が好転するといいのだが。そう願うしかない。

金の亡者たち 【DVD】
価格:1100円(税込、送料別) (2022/12/13時点)楽天で購入
おすすめの記事